【家事と育児の豆知識】生活リズムの整え方!主夫の実践方法

豆知識

この記事を読むのに必要な時間は約2分25秒です。

こんにちは、リン☆だあく(@rindark)です〜!

毎日会社に行かないといけない、兼業主夫やワーママなどは、生活リズムを整えて万全の状態で毎日をすごしたいところ。

さらに子ども達には、もっときちんと生活のリズムを整えてあげたいですよね。

わたしは、あることを基本に生活リズムを整えています。

妻が単身赴任し、子ども達を保育園や学校に通わせながら、10年の兼業主夫で培ったやり方を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

【家事と育児の豆知識】生活リズムはどうやって整える?

我が家では、生活のリズムを整えるのには、2つのコツを利用していました。

わたしも仕事をしながらの家事育児でしたので、細かいところまでは、毎日できなかったのですが、この二つだけは、守るようにしていました。

そうすると、自然と生活のリズムが整っていくんですよね。

その1:ごはんの時間がリズムを作る

生活リズムの基本はやっぱり、ごはんのタイミングです。

人間も生き物ですので、きちんと食べることは基本になります。

ごはんの時間がバラバラになってしまうと、その後のお風呂や宿題などにも影響しますし、寝る時間まで変わってきてしまいます。

ごはんを食べてキチンと消化するまでの時間を確保したいので、わたしは、仕事も効率化して、定時退社できるように努めていました。

メニューもさっと決められるように、クックパッドなどのアプリもかつようしていましたね。

おかげで今では、3,4品ぐらいだったら、30分で食卓に並べるまで、できるようになっています。

その2:やっぱり睡眠が大事

生活リズムを整える代表と言えば、睡眠時間です。

睡眠時間は、その人個人でどのくらい寝たらいいのかがあるみたいなので、一概には言えないのですが、だいたい7時間ぐらいは寝るのがいいらしいです。

わたしの主治医もそれを推奨していました。

睡眠時間を整えるためには、寝る時間よりも、起きる時間を一定にすることを心がけていました。

起きる時間が一定にできると、最初は眠たくて大変でも、逆に夜キチンと寝れるようになっていきます。

これは子ども達も同じで、わたしは日曜日でもダラダラ寝はさせないようにしていました。

ダラダラ寝をしてしまうと、その1のコツの食事がうまく摂れなくなってしまうので、朝起きれる様にしておくのは大事です。

スポンサーリンク

まとめ

やっぱり、生活のリズムと整える為には、食事と睡眠が絶対的に欠かせない要素になります。

リズムが整うと、大人では会社でのパフォーマンスも最大限に発揮できるだろうし、子ども達は学校での学習効率が上がるはずです。

現にうちの娘は、睡眠の問題を解決したら、成績が下位だったのが、学年で10番目になるぐらいになりました。

主夫や主婦は家族の生活のリズムを整える鍵を握っているので、これは大事に頑張らないといけないなと改めて思いました。

では、またね〜。

生活リズムを整える為のまとめ

  • ご飯の時間を決まった時間にしよう!
  • 起きる時間、寝る時間を守る。
  • 休日でも生活リズムを崩しすぎない。

コメント