成功者の行動力はどうして培われているのか?動き出す考え方

仕事

この記事を読むのに必要な時間は約5分41秒です。

こんにちは、リン☆だあく(@rindark)です〜!

世の中の成功者と言われる人はどうやって成功を手にしているのでしょうか?

わたしは本が好きでいろいろな本を読んで来ました。

さらに、40代も後半になっていくると成功者と言われる様な方々とお会いする機会もかなりありました。

それらの全てから見えた、わたしなりの答え、考え方を書いてみようと思います。

この記事で成功するためにわかる事

  • 考える前に行動することの大切さ
  • 失敗は想定内だと思うこと
  • やめないことが成功に繋がる!
スポンサーリンク

成功者の行動力:考えるのは行動してから

成功者と言われる人々の多くは、めちゃくちゃ行動力があります。

わたしが会った事がある方々では、さらに決断がすごく早いのが特徴です。

どうせ人の真似をするのであれば、成功者の真似をした方が自分も成功者に近くなります。

これにはいろいろな理由がありますが、それをわかりやすく解説していきます。

まず動き出すのが大事

まず、何よりも動き出すのがすごく重要です。

成功しない人というのは、何か理由をつけて先延ばしにしたり、その理由を言い分けして始めなかったりします。

人は、深層心理では、変化を嫌っています。

変化することは、実は人間にとてストレスになるからなんですね。

でも、チャンスを掴む為には、行動、つまり思い立ったら動き出す事がとても大事になってきます。

小さなそのストレスを回避するために言い訳を作って動き出さないのはかなりもったいないと思います。

人生は一度きりです。

後の最後の時にやりたいと思ったことはやりきる方がわたしには価値があるように感じます。

いいわけに負けない

やらない人はとにかく言い訳が上手です。

やらない理由なら、100でもでてくるんじゃないか?と言うぐらい言い訳をしてきます。

最初に始めるのは、やはり心も重いですし、準備をするのもかなり面倒くさかったりします。

けれど、その気分に負けて言い訳を沢山思いついたとしても、何も人生の変化が起きません。

失敗もしない変わりに、成功することも絶対にあり得ません。

動いてしまえば思ったより進める

わたしの経験上、一旦動いてしまえれば、慣性がついてきてドンドン前に進める様になっていきます。

よく言われる形から入るとかもありますが、何もしないよりはずっとましです。

まずは動いてしまってから、考えればいいので、とにかく前に進んで行きましょう。

問題点が出てきたら、その時に考えても全然遅くはありません。

その時は、遠回りに思える事も後で思い返すと必要な事だったりしますしね。

スポンサーリンク

成功者の行動力:失敗はおりこみ済み

何かにチャレンジをすると言うことはやったことが無い事をやると言うことになります。

そんなものは、成功の保証なんてありません。

失敗することも多いかと思います。

でも、現代社会では、ちょっとやそっとの失敗で死んでしまう事はまずありませんから、安心して失敗していきましょう。

心のどこかに、失敗するのは当たり前と刻んで置いておくと、たとえ失敗しても、そうだよな。と納得ができます。

失敗は本当の失敗じゃない

そういうチャレンジの失敗は本当の失敗ではありません。

ただちょっと遅れるだけか、それが必要だから失敗しただけの事に過ぎません。

どこかでつまづいたとして、そこからまた再チャレンジをしていければ、それは失敗では無くなります。

本当の失敗とは、やめてしまうことか、死んでしまうことぐらいしかありません。

生きていて、まだやる気がある内はそれは失敗ではありません。

失敗は成功のもと

よく言われるように、「失敗は成功のもと」というのは本当です。

わたしも営業をしているのですが、お客さんとのやりとりなんかも、何度もチャレンジを重ねて良い方法を見つけてきているので、例えお客さんに怒られた事があっても、それは失敗ではなく学びになると考えられます。

失敗することで、より多きな失敗を回避出来る学びになります。

なので、失敗を恐れずに、どんどんチャレンジしていく事が成功者になるための何よりの近道になります。

学べたら成功!

たとえ、その行動で失敗したと思っても、そこから何かを学べているのであれば、それは成功といってもいいと思います。

あなたの人生でその失敗経験があったから、これがやれたと言うことが後に必ずでてきます。

なので失敗から学べたとしたら、それは成功です。

成功を確実なものにするためには、学んだ事をきちんと今後の行動に活かして行く事です。

そういう学びは、机の上で学んだ事に比べてもかなりの有益さをもたらしてくれます。

身体に染み入る様に何かを吸収しているはずです。

成功者の行動力:成功するまでやめない

成功者の行動の特徴の一つに、成功するまでやめないというのがあります。

考えれば単純で、成功するまでやめなければ、必ず成功するからです。

普通の人だと途中でどうしても諦めてしまいがちですが、成功者たちは、それが成功するまでやりきる、やりきり力がある人間だと思います。

やめなければ失敗じゃない

成功と失敗を分ける境目は、やっぱり諦めて辞めてしまうのと、諦めずしつこく継続できるのかの違いだと思います。

同じ事をずっと継続していくと、いずれ当たる時がやってきます。

その当たりの時を逃さず、自分のチャンスに変えていければ、それは大成功に繋がったりします。

とにかく、諦めず辞めないで続ける事が成功者になるコツになります。

気分では変えない力

私たちは人間ですので、毎日いろんな気分になるものです。

普段の私たちはその気分が良くない場合は、それに負けてせっかく継続していたものをやめてしまったりします。

それでも、その気分に負けずに継続するのが成功者の行動力となります。

たとえ、それがその時の調子で100点ではなくても、60点でも40点でも継続して続けて行く事がとても大事です。

一旦やめてしまうと、また動き出すときにかなりのパワーが必要になってきますので、できるだけ歩みを止めずに前に進んでください。

いつの間にか積み重なる

毎回100点を出せないとしても、継続をしている限りは失敗ではないので、その続けた分が、自分の経験値としてどんどん積み重なっていきます。

パフォーマンスが自分が思った通りにできないとしても、諦めず続けていくと、いつの間にかその経験が積み重なって、自分の理想としている点数にまでやっている事が出来るようになってきます。

わたしも、ブログを書いていますが、毎朝noteに記事をずっと継続して書いて行くようにしていたら、ブログの記事も最初の頃に比べたらかなり早く文章を作れるようになりました。

継続というのは、一見前に進んでいるように見えないけれど、実は少しずつ前に進んでいて、いつの間にか到達点にたどり着いていることがあります。

まとめ

成功者の行動力は継続する事や、諦めないこと、考える前に行動することで培われています。

何もしない人間には何も変わらず現状のまま生きて行く事になるでしょう。

成功者になるためには、変化を恐れずに、自分が目標とすることの為には何が必要かをキチンと把握すること。

その把握したことを継続してチャレンジして行く事がとても大事になってきます。

わたしは、まずは、動き出し始める事をかなりオススメします。

この変革の時代にはこのチャレンジ精神こそが成功者への近道になると思っています。

では、またね〜。

コメント