仕事を断る勇気、飲み会に行かない力!人生の時間は有限だし

仕事

この記事を読むのに必要な時間は約6分29秒です。

こんにちは、リン☆だあく(@rindark)です〜!

まず始めに、人生は有限っていうことを自覚していますか?

人生100年時代にはいろうとしているこの時には、ただ漫然と一企業の仕事だけをしていては生き残れない可能性があります。

自分の時間をきちんとマネジメントして、じぶんの人生を設計していきましょう。

定時上がりを楽しんでいる方々のツイートです。

スポンサーリンク

仕事や飲み会を断る力:副業にコミットする

企業に勤めているだけではもうすでに回らなくなっているニュースがよく聞かれます。

終身雇用制度の崩壊や、年功序列の廃止、年金問題など問題が山積しています。

それだけ、雇用形態は変わってしまっています。

だとすると、わたしたちは、どうするべきでしょうか。

自分で稼ぐ力が必要です。

政府も副業を奨励しています。

万が一会社に解雇されたとしても、自分で稼ぐ力があれば、生活を維持する事ができます。

定時で帰って自分で稼げる仕組みを作る

現在会社に属している事は、それほど生活を保障するような物にならなくなっています。

それならば、貴重な自分の時間を、会社にだけ捧げていてももったいないとわたしは思います。

なるべく仕事を効率良く終わらせて、定時で帰れるようにしましょう。

そこで、出来た時間で、自分で稼げる仕組みを構築していきましょう。

例)ブログ、プログラミング、アフィリエイト、せどり、コンサルティングなど。

稼ぐための学びをする

稼げる仕組みを作ると言われても何をしたらいいのか分からないという人もいらっしゃるかもしれません。

そんな時には、まず、どんな事が自分に出来そうで、副業にできるのか、調べたり、学んだりする時間につかってもいいでしょう。

一番手軽に学べるのが本でしょう。

自分に必要なスキルが学べる本を探して、まずは読んでみるのもおすすめです。

または、資格などを取るために、通信教育などを受講するのも良い方法かもしれません。

わたしが、ブログで収入を得るために、本と、先人達が教えてくれるサイトなどを全部ググって調べながらやっていたりしています。

とにかく手を動かす

副業で稼ぐ貯めには、とにかく手を動かす事。

時には足かも知れませんが、つまり行動力を持って、今の自分からバージョンアップさせる為には動いて行く必要があります。

副業で稼ぐ仕組みを確立させる為には、行動力と継続力がなによりも大事です。

なにしろ、チャレンジをするという事は、今までやった事がない事をやるわけですから、必ず上手くいくとは限りません。

そこで諦めずに、動いて行く事が大切になっていきます。

定時で帰る事で出来るもう一つの副業例
  • ブログ
  • アフィリエイト
  • プログラミング
  • コンサルティング
  • クラウドソーシング
スポンサーリンク

仕事や飲み会を断る力:自分の楽しみを作り出す

仕事だけに注力をしていくと、仕事意外になにをしたらいいのか全然分からなくなってしまう事になったりします。

人生の大半が仕事だけになってしまうと、もしも仕事を失ってしまったときに、かなり辛く寂しい生き方しか残らなくなってしまいます。

それを避けるためには、自分自身が楽しめること、打ち込み込めることを別に作って置く必要があります。

そのためにはどうしたらいのか?

それをわたしの今までの経験から書いてみようと思います。

心の余裕も絶対必要

わたしはうつ病になった事があります。

それは、結果からいうと、仕事のやり過ぎで自分の時間をないがしろにしていたからと言ってもいいでしょう。

必要以上の責任感を持ちすぎて、仕事を辞められずに、辛いと心の中では思いつつもずっと続けてしまったのが要因の大きな所でした。

それを経験したからこそ、わたしは自分の時間の大切さを思い知ったのでした。

心が病んでしまうと詰む

わたしは結局、うつ病を2度、パニック障害を1度発病しています。

心の病になると、かなり療養に時間がかかりますし、原因となった仕事に戻ったとき、また再発をしてしまう恐れがあります。

そうなると今まであんなに頑張って続けてきた仕事が、かえって自分を苦しめる事になります。

そして、再発などをすると、なかなか元の職場には戻りづらくなるはずです。

そうならない為にも、自分の時間を計画的に作っておく事は必要なことだとわたしは考えています。

きちんと休む、遊ぶ

仕事だけにならずに、心の安定を図るためには、自分の時間を作って、きちんと遊んだり、休んだりする事がとても大事になってきます。

人間はロボットではないので、ずっと継続して集中力を維持することもむずかしいですし、何しろ疲れてきます。

疲れた状態で仕事をしても生産性が落ちるどころか、何かしら取り返しのつかない失敗もしかねません。

なので、普段から、きちんと休んだり、自分の好きな事に時間を使う癖をつけておきましょう。

これをやると心が落ち着くとか、安らぐとかいうことがあったら積極的にそれらをやっていきましょう。

やりたかった趣味に自分の時間を使おう(例
  • ジムに行く(ヨガなども)
  • 英会話教室
  • バンドを組む
  • 読書
  • ハンドメイド

仕事や飲み会を断る力:家族に時間を使おう

また、必要なのが、家族との時間です。

子供たちは、仕事にかまけているとあっという間に成長してしまって、何のために自分が働いてきたのかが全然わからなくなることがあります。

そうならないためにも、仕事を効率的に終わらせてできた時間を、家族と共に過ごす時間に使うのは自然なことです。

そうでなければ、家族を持つのはかえってあなたを追い込んでしまうことになりかねせん。

家族との時間が人生を豊かにする

それでも、家族を持つということは、人生をかなり豊かにしてくれます。

基本的に仕事を頑張れるのも自分の妻や子供たちを幸せにしたいからではないですか?

それを考えたら、仕事だけに追われてしまうのは本末転倒なのはよくわかると思います。

家族とうまくコミュニケーションがとれないと、家での居場所がなくなってしまいます。

家で、体や心を癒そうと思って仕事から帰ってきても、全然癒されない空間になってしまう危険がありますよ。

そのためにも、家族にも自分の時間を使っていきましょう。

せっかく一緒に暮らしている家族なんですから、何でも言い合える関係でいたいものです。

子どもとの関係

子どもとの関係もかなり重要です。

子育てを奥さんにばかり頼っていないですか?

これをしていると、自分の子どもの成長が全く見れないうちに、どんどん子どもと言うのは成長していって、なんの心の通ったコミュニケーションも取らずに巣立って行ってしまうことすらあります。

これではあまりにも寂しくないですか?

せっかく自分の血を分けた子ども達、もっと密にコミュニケーションをとりながら、お互い学び合いつつ、成長して行けたのならば、どんなにすばらしことでしょう。

妻との関係

結婚をするときに、離婚したいと思って結婚をする人はいないと思います。

せっかく結婚して一緒の道を歩むと決めたのであれば、一生仲良く人生のパートナーとして過ごしていきたいものです。

それには、妻に家庭のことを押し付けすぎず、妻とも上手にコミュニケーションをとっていく必要があります。

妻とは、元々他人同士なはずで、すべてを分かり合えることは不可能です。

でも、常に、この違いを乗り越えるためのコミュニケーションが取れていれば、ずっとうまく夫婦生活を送ることができます。

仕事にかまけて、家を留守にしてしまいがちになってはいけません。

一人の人間として、妻とも向き合っていきましょう。

家族の時間を見直して円満に!
  • 夫婦の会話が増える
  • 子どもの成長が見られる
  • 地域の人と繋がれる
  • どちらも家事が出来るようになる(リスクヘッジ)
  • 自分の居場所が出来る

まとめ

あなたの人生は、会社だけでできているわけではないのが、この記事で分かったと思います。

人生にはいろいろな要素が絡み合ってできています。

その中で、仕事も重要な要素ではありますが、全てではありません。

本当のあなたでいるためには、遊びや、休み、家族、別の収入源なども考えに入れつつ、リスクを分散して、豊かに人生を歩いていってほしいと思います。

私自身もまだまだ途中の人間ですが、これらを気を付けつつ私らしく生きていきたいと思っています。

では、またね〜。

コメント